Author

  • 名前:たろう
  • 性別:男
  • 年齢:33歳

たろう33歳独身です。仕事はハウスメーカーの営業です。土日が週のうち最も忙しい日であり、土日休みの方とは中々遊びにいく機会がありません。そのため、休みの平日の時でも会える方を彼女にしたいと思ってます。
洗顔フォームではなく、洗顔石鹸って、固形の白い石鹸をイメージしませんか。また、石鹸は必要以上に油脂を取り除いてしまうのかなと思い、洗顔後の乾燥や肌荒れが心配になります。

洗顔石鹸と弱酸性について

nzdshf67xbvx9fj弱酸性は肌に良いと評判ですが、もちろん弱酸性の洗顔石鹸も大変お肌に良い物です。
ではどうして弱酸性の洗顔石鹸の方がオススメなのか、その秘密を具体的に探ってみましょう。

■人の肌との相性が良い
人間の肌は弱酸性なので、弱酸性の洗顔石鹸は人の肌と相性が良いというとてもシンプルな理由がまず挙げられます。
また、弱酸性というのは雑菌が増えてしまうのを防ぐ力もありますから、ニキビやシワの予防にもなります。
とにかく人の肌と相性が良いから肌を傷つけない、そして雑菌をやっつけてくれる力がある、というのが弱酸性の一番の魅力なのです。

■弱酸性の洗顔石鹸が絶対的に優れている訳ではない
弱酸性の洗顔石鹸はお肌に優しい事は確かですが、汚れを落とす力はアルカリ性の方が上と言われています。
それにアルカリ性の洗顔石鹸で肌を洗ったとしても、洗顔後に皮脂の働きで肌は弱酸性に戻るからさして問題はありません。
ただし、弱酸性とアルカリ性どちらが肌に優しいのかと聞かれれば、どっちかと言えば弱酸性という答えにはなると思います。
どちらかの石鹸を選ぶなら、徹底的に肌を優しくするために弱酸性、あるいは徹底的に汚れを落とすためにアルカリ性、という判断を取る事になるでしょう。

■肌が弱い場合は判断方法が変わる
確かに洗顔石鹸を選ぶ際は肌を守る事を優先するか、あるいは汚れを落とす事を優先するか、という選択肢になります。
しかし自分の肌がダメージに弱かったり乾燥肌だったりする場合は、優先して肌に優しい弱酸性を使った方が良いです。
肌が強ければアルカリ性でも全く問題ありませんが、どうしても敏感肌はアルカリ性のダメージを受けてしまいます。
もしも自分のお肌は敏感肌かな?
と思う場合に限り、率先して弱酸性の洗顔石鹸を使った方が良いでしょう。

ページ上に戻る